メニュー 閉じる

エアコンのドレンを繋ぐ。

今回のDIYリノベーション(リフォーム)なかでも、最も地味で、それでいて最も手間のかかっ作業が、昨日ようやく終わりました。それが、で囲んだエアコンのドレン。いわゆるクーラーの水を捨てる配管です。

このエアコンのドレンが、あろうことか! 移動する予定の壁に取り付けれていて、おまけにそのまま厨房のシンクに排水されていた状態でした。壁を取り壊したときには、↓こんな状態でした。

厨房に貫いていた下水溝を埋めたときに、ドレン用のパイプを仕込んでおきました。

まずは一旦、ドレンを切断します。

ウッドデッキを作るときに床下を這わせてあります。

さらに、壁の内側に仕込みんでもおきました。

換気扇のダクトの裏を通って、天井をはっています。

そして、ようやく再びつながりました!

下水溝の工事のときに始まり、床、壁、そして天井へと、各段階の工事に付きまとったドレンの配管。ブログにすれば、これだけのことですが、すごく手間がかかりました。このあと、この天井には板が張られるので、最終的にドレンは全く見えなくなります。それが完璧な仕上がりといえるのですが、誰にも気付かれないドレンなのに、本当に手間がかかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。