メニュー 閉じる

ニンジン染めのショール

僕が、藍や紅花を育てている“染料農園”は、数人で運営している家庭菜園に一角にあります。もちろん、みなさんはトマトやキュウリ、ナスなどの野菜を作っておられます。すでに夏野菜の収穫が始まり、オスソワケにあずかる我家では、旬の野菜に事欠くことがありません。先日も、こんなものをいただきました。

間引いたニンジンです。なので、ニンジン自体(根の部分)は手の指ほどばかりなんですが、僕は根っこより葉っぱに興味深々です。とうのも、ニンジンの場合、オレンジの根で染めることはできないのですが、葉では驚くほど美しい色を染めることができます。なので、根は味噌汁の具でもしてもらって、僕は早速!! 葉っぱで染めてみることにします。

【ニンジン葉での染め方】

↓白い手織りのシルク・スカーフを染めます。

↓まず葉についている土やゴミを水洗いし、1㎝ほどの長さに刻みます。

↓これを炊いて染料を作り、布を入れて染めます。(今回は量が少なかったので、重曹を加えて炊きました)

↓これを銅媒染します。とても美しい黄緑になります。

これを陰干しすれば、完成です!! と、言いたいところですが、今回の葉では量が少なくて色が薄かったので、染めと媒染の作業を何度も繰り返して濃度を上げていきました。

↓で、やっと完成です。 絹の手織りストールを染めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。