メニュー 閉じる

モザイクタイルの貼り方

自分一人のDIYリノベーション(リフォーム)なので、作業内容はその日の気分次第です。昨日は出窓かと思えば、今日は厨房――と、あっちにいったり、こっちにきたりで、やってる本人も頭のなかがグチャグチャです。昨日は、途中になっていたトイレの洗面台のことを思い出して、その続きの作業をすることにしました。

今回は、これに目地を詰めていきます。モザイクタイルの技法は、とても簡単なので覚えておくと、ちょっとした場所の装飾や補修、ガーデニングにも使えますよ。植木鉢を装飾しても  ですよ。


【モザイクタイルの貼り方】


① 用意したタイルをコンクリート用ボンドを使ってはっていきます。モザイク用のタイルもありますが、僕は安価なタイルを割っています。割れた陶器の破片やビーチグラスを使っても楽しいと思います(※ 素焼きのタイルを避け、釉薬のかかったものを使ってください)

② はったタイルのすき間に目地を詰めていきます。ホームセンターなどで売られている「目地用セメント」を使ってください。特殊な道具も必要ありません。僕は100円ショップで買ったボウルとゴムベラ(料理の時に使うヘラ)を使っています。これでセメントを耳たぶの硬さまで練ります。

③ 練った目地用セメントをゴムベラを使って、タイルとタイルの隙間に積めていきます。タイルの上にセメントがついても気にせずに詰め込んでください。

④ まんべんなく詰め込んだら、20~30分ほど待ってから固く絞ったスポンジ(食器荒い用のスポンジ)で、はみ出た余分なセメントを拭き取り、さらにタイルの表面についたセメントもきれいに拭き取ります(※ 必ずゴム手袋をしてください)。スポンジが汚れたら水洗いしながら、丁寧に拭き取ると美しく仕上がります。

⑤ これを充分に乾燥させたら完成です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。