• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

天然顔料によるロウケツ染め(Tシャツ編) ①

少し前に『天然顔料によるロウケツ染め』 と題して、弁柄(べんがら)や黄土(おうど)などの天然顔料を使ったロウケツ染めについて書きました。あくまでも実験的な試みだったのですが、思った以上に、よい感じだったので、今度は本格的にTシャツを作ろうと思い、作業を開始しました。


【天然顔料によるロウケツ染めの方法】


今回も前回と同様に、ちょっとアフリカっぽい感じのデザインです。というのも、僕のなかで“土顔料染め”といえば、“アフリカの泥染布”が連想され、ついつい それっぽいデザインになってしまいます。それでは、早速!! 作業開始です。

↓まずはニット生地に下絵を描きます。
 

↓下絵にそって蝋(ろう)を置いていきます(防染力を高めるため、二度の蝋置きをします)。
 

↓蝋で囲んだ部分を天然顔料で染めていきます。
 

↓ちなみに、こんな刷毛(はけ)を使って顔料を刷り込むように染めていきます。

今日の作業は、ここまでです。焦る気持ちを抑えて、土顔料で染めた部分が充分に乾くのを待つとしましょう。これが乾燥したら顔料の上から蝋で伏せ、布全体を浸染します。その作業は次回です。お楽しみにッ!!