• Workshop ひとつ屋 ものづくり工房 | 大阪阿倍野|草木染め・DIYのワークショップ

    天然顔料によるロウケツ染め(Tシャツ編) ②

    天然顔料(弁柄など)によるロウケツ染めでニット生地を染めで、Tシャツを作っています。今回のブログ『天然顔料によるロウケツ染め(Tシャツ編) ① 』の2回目。前回までに、蝋(ろう)で囲った箇所を顔料で染めて乾かしています。

    ↓前回までの作業。

    ↓今回は、前回に染めた部分を蝋で伏せます。(蝋で伏せられているの、分かります?)

    ↓すべてを蝋で伏せたら全体を染めます。今回は「松煙(墨)」で染めます。

    ↓その後、いったん乾燥させてから「脱蝋」です(熱湯のなかで、蝋を溶かす作業です)。

    ↓脱蝋後、広げてみると、お~ッ!! 蝋染めらしい柄ができました!

    次回は、これを縫ってTシャツに仕立てます。お楽しみにッ!!