• Workshop ひとつ屋 ものづくり工房 | 大阪阿倍野|草木染め・DIYのワークショップ

    柿渋の作り方

    先日のブログ『染材採取(岐阜県下呂市)①』で書いたとおり、岐阜県で採取してきた渋柿を使って「柿渋(かきしぶ)」作りをしました。

    染色に興味をもって、もう随分になりますが、自分で柿渋を作るのは初めてなので、うまくいくかは分かりませんが、とりあえず、その工程を紹介します。

    【柿渋の作り方】

    ①まずは「渋柿」を用意します。この柿は9月の中旬に採取したものです。地域や種類にもよるようですが、7月下旬から9月中旬に採取した“青い渋柿”を用意します。甘柿ではダメです。かならず、「渋柿」を使ってください。

    ②これを水洗いし、枝や下手を取り除いてから包丁で小さく切り分け、フードプロセッサーで粉砕します。このとき、注意するのが包丁もフードプロセッサーもステンレスかセラミック製のものを使い、決して鉄製のものは使わないでください。さらに、使用後は入念に洗ってください。ちなみに、この作業昔を臼(うす)と杵(きね)でつぶしたようです。


    適当な大きさに切り分けた渋柿。


    フードプロセッサーで粉砕します。


    粉砕されにくい場合は少量の水を加えます。

    ③少量の水で粉砕した渋柿を適当な容器(これも鉄はダメです)に移し、ひたひたより少し多いくらいまで水をいれます。ひたひただと、柿が水を吸ってしまって上部が乾燥してしまいます。逆に入れすぎると柿渋が薄くなってしまいそうなので、あくまでも“ひたひたより少し多いくらいの水”にして発酵させます。


    ひたひたより少し多いくらいの水で発酵開始!!

    ④三日ほどすると、水が黄色みを帯び、お酒のような匂いがします。さらに、もうすこし(3~4日ほど)発酵させててから、ザルのようなもので濾(こ)します。


    ステンレスのストレーナーで濾しました。

    ⑤絞(しぼ)りカスに、1回目より少量の水(半分程度)の水を加え、さらに発酵させて1番液に加えて本格発酵させていきます。最低でも2年も発酵させます。気の遠くなるような話ですが、気長にいきましょ!!


    1番液です。これに2番液を加えます。


    搾りカスです。これに水を足して、
    さらに発酵させます。

    今日現在は、2番液を発酵せている状態です。これから2年にわたり、この柿渋の変化をブログにUpしていきます。失敗するか? 成功するか? 楽しみにしていてください!!