• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

柿渋の型染め

さまざまな染色技法のなかでも、僕は「型染め」が大好きです。二次元で表現するそのデザイン性が生み出す、シャープながらも素朴な雰囲気に魅了されてしまいます。特に、天然染料を使うと色にも奥深さ加わり、その魅了を倍増させてくれます。

先日も、柿渋を染料として吉祥紋の「橘」を染めました。

洗練された伝統的な柄と落ち着いた柿渋が醸し出す雰囲気は、何とも表現しがたい良い雰囲気で、僕が目指す染色作品そのものです。これに気をよくして、今回も柿渋を使った型染めで、前回と同じ吉祥紋「橘」と「雲龍図」を染め抜いてみようと思っています。上の写真は、テーブルランナーでしたが、今回はトートバッグに仕立てる予定です。

最近、ときどき思うことがあります。それは 「そこそこ、いいものが作りたい」 ということ。“そこそこ”は、“ある程度”という意味ではなく、“より完成度の高い”という意味です。こう思うようになったのは、長らくデザインを仕事にしてきましたが、最近いよいよ若い人に対して“負け”を感じるようになったからです。それは“あかん”ことなのか、それとでも“ええ”ことなのか分かりません(ニュアンスが大阪弁しか表現できません。すみません)が、そう感じるのは事実です。

そこそこ、いいものが作りたい! これは言い換えれば「そろそろ自分らしいものが作りたい」なのかもしれません。頑張ります!