メニュー 閉じる

水仙。

数年前から染料植物を栽培するために近所の家庭菜園の一角を借りて始めたひとつ屋染料農園

一年で最も寒い大寒のころの今は、一面が冬枯れの状態です。

唯一、緑を保っている「山藍(ヤマアイ)」でさえ、身を低くして寒さに耐えていいます(右の写真)。

そんな染料農園に真っ先に春を告げてくれる「水仙」。今年も北風に、その可憐な花を揺らしています。

肥料や水をやるわけでもなく、植え替えをするわけでもないのに、染料農園の一角で毎年きれいな花を咲かせ、遠い春の存在を教えてくれます。

 

水仙の後には梅が咲き、そして桜が咲きます――。

今年は染料農園を頑張ろうと思っているなので、いつもの年以上に春の訪れが待ち遠しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。