メニュー 閉じる

玉ねぎ染め(チタン媒染)

キッチンでも染めることができる代表的な染材といえば、なんといっても“玉ねぎの皮”です。少しネットで調べても、たんさんのページがピックアップされますが、その多くがミョウバンを使った媒染で、鮮やかな黄色に発色させる方法が紹介されています。以前、このブログでも 『タマネギの皮での染め方』 と題して、その染め方を詳しく紹介しましたが、そこでもミョウバンで媒染し、黄色く発色させる基本的な方法でした。

↓玉ねぎの皮を煮出した染料で布を染めても
 

↓ミョウバンで媒染すると、黄色に発色します。

不思議です。でも、色の変化こそが草木染の醍醐味の一つなのですが、ときに媒染する前の色がとてもいい色で、このままの色に仕上げたいな と思うことがあります。

↓今回も、玉ねぎの染料で染めてみると、いい色になるんです。
このままに色がいいな と思うほどです。

↓そこで、今回はミョウバンではなく「チタン」で媒染してみます。

すると、染料のなかにあったとおりの色を留めることができました。当たり前といえば、当たり前のことなんですが“黄みがかったレンガ色”、つまりは“玉ねぎの皮の色”がそのまま残ったのは、僕のなかでは画期的で、うれしい発見でした。

↓ソーピング後、乾燥させたものです。
 

深みがあって、とても美しい色に仕上がりました。われながらの“自信作”です。お店がオープンしたら、ぜひ!! 見に来てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。