• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

瑞雲柄のスカーフ

おめでたい兆しがあるときに出現する雲といわれる「瑞雲(ずいうん)」は、古くから多様な形にデザイン化され、着物や漆芸など、さまざまな工芸品を飾る紋様として用いられてきました。

↓僕は、雲のデザインが好きで、以前にこんな型紙を彫っていました。

↓今、これを使って藍染めの極薄の夏用スカーフを染めています。

↓近づいてみると、こんな模様です。

藍でムラ染めにしたコットンスカーフに、抜染(ばっせん)という方法で瑞雲の模様を施しています。上の写真は、抜染糊を置いている状態で、これが乾燥したら蒸して糊を洗い流し、さらに煮洗いしてから銀泥を使って模様を加えようと思っています。

さぁ、どんな夏用スカーフができるのか!? 楽しみにしていてください!!