メニュー 閉じる

西洋茜――madder

⇔ さっき、こんなものが届けられました。

I bought this in the Internet shop.

って、なんだと思います?

What do you think this is?

答えは 西洋茜(セイヨウアカネ)の苗です。

This is a seedling of madder.

草木染(植物染料)に興味のない人にとっては、「な~んだ?」ってものだと思いますが、僕にとっては待ちに待った お宝です。西洋茜が自家栽培できれば、すっごく楽しいと思いませんか!? (そんなこと思うのは、僕だけか!?)

If you are not interested, This is unnecessary. But this is treasure for me !! I’m going to cultivate madder.

ちなみに、日本茜は、すでに栽培しています。

By the way, I have already cultivated Japanese madder.

で、よく観察すると、日本茜より西洋茜のほうが、葉が細いんですよ。

So, when I carefully observed, I can know that madder leaves are slender than Japanese madder leaves.

 

 

 

 

(↓西洋茜の葉)Madder leaves


茜には、さらに 「インド茜」という種があります。これらの違いは、最も色が淡い(薄い)のが「日本茜」。もっとも赤みが強いのが「インド茜」。そして、インド茜に比べて黄色みがあるのが「西洋茜」です。しかも、「西洋茜」は、日本の茜よりも根が太く、色素成分も多いとか。現在では、「茜染め」の多くに、この西洋茜が用いられています。

There is Indian madder outside of this. These are different colors. Most pale red is Japanese madder. Darkest red is Indian madder. And Madder is tinge of yellow than Indian madder. Moreover, roots of madder is thicker than roots of Japanese madder, and Madder contain a lot of dye component. So, When we dye color madder red, we often use madder than Japanese madder in Japan.

それぞれの良さを生かしながら、もっと深く天然染料を楽しもうと思います。

I want to enjoy the more natural dyes while taking advantage of the goodness of madder respectively.

1 Comment

  1. ピンバック: 西洋茜の収穫――Roots of madder – ひとつ屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。