• Workshop ひとつ屋 ものづくり工房 | 大阪阿倍野|草木染め・DIYのワークショップ

    黄金花(コガネバナ)

    さまざまな植物から得た染料と土や泥から作った顔料とで、布を染めて、衣服を作るのは、とても素敵なことです。が、最大の問題は “堅牢度” が低いこと。つまり、色落ちしてしまうことです。

    それこそが、天然染料ならではの美しさや色の複雑さを生み出し、化学染料にはない大きな魅力の一つなのですが、やはり僕は、洗濯機でザバザバ洗うTシャツなどに堅牢度の低い染料を使うのは、いかがなもの? かと思うので、そんなときは、できるだけ堅牢度の高い染料や色落ちしにくい技法を使うようにしています(ちなみに、堅牢度を優先していると、表現できる色の幅が狭くなるので、染色後の用途をはじめ、布(生地)の材質、染め方などを考慮して、適材適所に使い分けるようにしています)。

    そんな植物染料のなかでも、比較的に堅牢度が高いのが黄金花(コガネバナ) です。

    ⇔ ネットで購入した黄金花の苗

    根を乾燥させたものを染料として使います。その色は、文字どおりの「黄金色」。そのため、別名を「黄芩(おうごん)」ともいいます。染料にほかにも、薬草としても用いられるそうです。

    が、これが結構と高価なんですーー。

    なので自分で栽培すします。先日、植えたばかりなのですが、今から収穫が楽しみです。