• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

100%オリジナルTシャツ

また一つ、大きな壁を越えることができました。

ついに!! 100%オリジナルTシャツが完成しました。といっても、まだまだ試作の段階で、納得できていない部分もいっぱいあります。それでも、かなりテンションが上がっています。

というのも、本当の意味で“自由にTシャツのデザインができる”ようになったからです。これまでは市販のTシャツを買って染めていたのですが、それでは使えるTシャツの幅はせまく、サイズや色数は増やせたとしても、スタイル(フォルム)が限られていました。メンズ、レディースはもちろんのこと、細身のもの、ゆったりしたもの、丈の長いもの、短いもの…といういうような変化をつけることができませんでした。特に、上の写真のような「ラグラン袖のTシャツ」は“絶対に無理ッ!!”という状態でした。

インターネットで「Tシャツ」と検索するば、星の数ほどの検索結果が表示されますが、草木染に使うものは “ただのTシャツではダメ” なんです。素材は、もちろん「天然素材100%」で、しかも!! 縫製の糸までが綿か絹100%でなければいけません。そうでなければ、糸だけが染め残ってしまうんです。さらに、型染をする場合には、特殊な織り方(編み方)をした生地になってきます。

この条件をクリアする「後染め用Tシャツ」というものもあるにはあるのですが、やはりスタイルはなく、おまけに高価。染めるときに熱湯に浸したりするので、縫製済みのTシャツでは首周りが伸びてしまうという難点もあります。いろんなメーカーの「綿(コットン)100%&綿糸縫製Tシャツ」で染色の実験をしたり、さらには自分の思うようにメイクしたりもしましたが、時間ばかりがかかり、納得いくものにはなりませんでした。

そんな僕を見ていた縫製教室の先生が「最初から自分で縫いなさい。手馴れれば、Tシャツくらい1時間で縫えます」。そして「教えてあげます!!」とおっしゃってくださり、手取り足取り――僕だけの“特別授業”が始まり、ついに!! 縫製上は“販売できるほどのTシャツ”を作れるまでにいたりました。

染めから縫製まで「100%オリジナルTシャツ」です!!

まだまだデザインがイマイチですが、すっごく手ごたえがありました!! Tシャツは伸縮性のあるニット(メリアス)生地を使うので、ふつうの洋裁とは違った、独特の縫製技術が必要で、今回は「型紙作り」から「裁断」さらに「縫製」と3時間もかかってしまいましたが、でも慣れれば1時間も夢ではありません。

そして、その授業の帰り道に「ついに!! ここまできたか!!」と少し感動しました。縫製を本格的に勉強し始めて3年以上が過ぎました。最初はミシンに糸をかけることすらできなかったのに、今ではYシャツくらいなら縫えるようになりました。そして、今回のTシャツ…、夢が膨らむと同時に、表現の幅が広がったことで「さらに染色技術やデザイン性のレベルを上げなければ!!」と、ドキドキ&ワクワク!! そして若干の不安さえ感じます。