• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

自作!! 特製ストレーナー

草木染の多くは植物を煮出すところから始まります。大きな布を染めるときには50Lもの染料を作る鍋を使うのですが、それに見合う道具がありません。そこで今日は意を決して、そんな道具の一つを作ることにしました。

ものづくり工房 workshop ひとつ屋 で使う最も大きな鍋は直径40cm、高さ50cm、一度に50Lの熱湯を沸かすことができます。浴衣(ゆかた)などの大きな布を染めるには非常に便利です。ところが、煮出している植物をかき混ぜるための箸も、ふつうの菜箸(さいばし)では底に届かず、煮出した植物を引き上げるためのストレーナー(こし網)も市販の物では全く用を足しません。

箸くらいなら長い棒きれでも間に合わすことができるのですが、ストレーナーの場合は適当な代用品が見つからず、短いまま底から引き上げようとして何度もヤケドしそうになりました。

そこで、今日は意を決して特製ストレーナーを作ることにしました。

↓材料は100円ショップで買ったものばかり。

↓まずは柄に穴を開けます。
 

↓これをネジで固定し、柄にもフックを作りました。
 

↓補強のために根元を針金で巻いて完成です!