メニュー 閉じる

ろうけつ染め 『エル・ドラード』 Tシャツ

京都で開催されていた 『インカ帝国展 マチュピチュ「発見」100年』 を見に行ったのは、ちょうど一年とちょっと前のこと。土器などの生活用品からミイラにいたるまで、さまざまなものが展示されていましたが、はやり僕の興味は染織品に注がれます。
Previously, I visited an exhibition of Inca empire, which was held in Kyoto.We were able to see a variety of exhibits. There was also a mummy in them. I was most interested in textiles.

以来、インカっぽいものが作りたい! と、考えていたのですが、ついにできました。
Since then, I had wanted to make the Inca ish works.That has finally been completed.

題して、Tシャツ 『エル・ドラード』 。これは正面です。
I named the T-shirt “El Dorado” . This is the front.

背面は、こんな感じです。This is the back.

どちらにも、エル・ドラード(黄金郷)にちなんで、金箔が押してあります。といっても、洗濯もできる染色用の金箔で、本物の金じゃありません。
And in honor of El Dorado I put a gold leaf on the front and back.Of course, I can wash this T-shirt. Of course, you can wash. But, this is not is’ s real gold.

ちなみに、地紋はローケツ染めで描き出した亀裂模様です。もちろん、Tシャツそのものも縫製しているので、段染めの、ちょっと変わった糸を使っています。
By the way, the background is the crack pattern by batik.I was sewing this T-shirt with a thread of the gradient.

とても手間のかかったTシャツですが、インカ帝国をはじめ、マヤやアステカの文明を育んだ大地に秘められた黄金郷――エル・ドラード の雰囲気を出せたと思います。まだまだ楽しいものを作っていきたいと思っています。
This was a time-consuming job.However, I think that I put out the atmosphere of the Inca empire. I like it very much.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。