メニュー 閉じる

生平(きびら)の型染め

以前、知人にいただいた生平(きびら/麻の晒)を藍染めして抜染しています。こんな 型紙を用いて、こんな布を染めました。

 

 

ちなみに、生平とは麻の繊維で織った布で、よく暖簾(のれん)などにされているのを見かけるものです。古くは男性の夏の羽織などに用いられたようですが、硬くて肌触りもよくないので、現代人の衣服にするには難しそうです。ということで、せっかく染めてはみたのですが、いまだ何に縫うかは考えていません。それにしても、いい雰囲気に染まっているんですよ!!

1 Comment

  1. ピンバック:生平(きびら)の型染めバッグ – ひとつ屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。