メニュー 閉じる

カラムシ織り ① ―― It’s woven ramie

この植物を知っていますか? 葉の裏が白いんです。
Do you know this plant? The back of the leaves is white.

 

この植物は 『カラムシ』 です。ちょっと変わった名ですよね。漢字で書くと 『苧麻』 だそうです。イラクサ科の多年草で、文字どおり、この植物からは麻のような繊維がとれます。綿が普及する以前は、カラムシの繊維で織った布を衣服にしたらしく、現在でも新潟県の越後上布や沖縄県の宮古上布、八重山上布などは〝高級な織り物〟として、その伝統が受け継がれています。

The name of this plant is ramie. it’s called KARAMUSHI in japanese. We can get fiber from ramie. It is similar to the fiber of hemp. Before cotton became popular in Japan(about 400 years ago), our ancestors made the clothes by weaving fibers of ramie. Afterwards the demand for textile of ramie decreased and only a few craftsman remained to produce textile in various places.

いわば〝古代の布〟といえるカラムシ織り――。上布のような〝高級な織り物〟は無理でも、素朴な古代布のような布をカラムシで織ってみたくて、実は、ひとつや染料農園の片隅で栽培していました。で、このほど、ついに小さな小さな作品ができました。

I’ve grown ramie in my garden because I wanted to try weaving “ancient cloth”.And, at long last I made a small textile works.

それがこれです。It is this.

これは小さな花瓶敷き(約20×40㎝)です。われながら上出来です。次回のブログで、作っている途中を紹介します。楽しみにしていてください。

This is a small mat(About 20× 40cm) for vase. It’s a good this mat, even if I do say so myself. I will write the working process in the next blog.

1 Comment

  1. ピンバック: カラムシ織り ②――It’s woven ramie – ひとつ屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。