メニュー 閉じる

カラムシ織り ②――It’s woven ramie

前回の(『 カラムシ織り ②――It’s woven ramie 』)に引き続き 『 カラムシ織り ② 』 です。前回に紹介した小さな花瓶敷き(約20×40㎝)の制作工程を紹介します。

Following the last time, I will write a “ramie weaving Ⅱ” in this time. I will write the making process of small vase mat which was written by me in the last blog.

まずは改めて、これが〝カラムシ〟です。 This is the “ramie”.

 

実は、去年から栽培していました。下の写真は移植したころの〝カラムシ〟です。
Actually, I have grown ramie from last year. This picture is ramie when I planted in my garden.

夏、生長したカラムシを刈取り、ひと晩 水に浸してから皮を剥ぎます。
さらに、内側から皮を剥いで繊維を取り出します。

Ramie had been harvested in the summer. It was soaked overnight in water.
After that, I peeled the outer skin from the stem.
It was peeled the outer skin, and then it is only endodermis.

 

その繊維を干したものが下の写真です。
It is a picture that the endothelium has been dried.

この繊維を織っていきます。 I was weaving endodermis(fibers of ramie).

 

※本来は、透き通るほどくらいに薄く剥ぎ、象牙のような光沢を放つ糸を繋いで織るようです。さすが〝上布〟です。ちなみに、昔は経糸もカラムシを使っていたと思うのですが、僕は綿糸を使いました。

The endothelium of ramie is peeled very thin by craftsman in traditional techniques and methods. Next it torn thin, it is connected. And it is spun to yarn. This especially is traditional skills !! By the way, I think I was using ramie yarn also in the warp in ancient(and traditional methods), but I am using cotton yarn.

完成しました。カラムシ織りの花瓶敷きです。
This is the completion of the ramie fabrics. Vase Mat (about 20 × 40cm)

 

今回は試験的な制作だったので、小さな花瓶敷きを作りましたが、次は〝ちょっとオシャレなカバン〟でも作ってみようと思います。といっても、今年はカラムシをたくさん育てていないので、来年になります。そこで、早速!カラムシの栽培面積を広げました。

I have made experimentally small vase mat. Next time, I I want to make a “stylish bag”. I must spread the cultivation area of ramie for the time being. I want to do my best in the future too.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。