メニュー 閉じる

大阪歴史散歩③ 大大阪の時代 ―― Modern Osaka

大阪には、面積・人口・経済力のすべてにおいて東京をしのぐ〝大大阪〟と呼ばれた時代がありました。『大阪歴史散歩』の最終回は、そんな時代の大阪を紹介します。

Osaka was a big city than Tokyo about 90 years ago. Osaka in Those Days was called “the Great Osaka”. I’m going to write about Osaka of this era in today’s blog.

明治時代に入ると、廃藩置県によって大阪にあった各藩の蔵屋敷は消滅してしまいます。これによって〝天下の台所〟と称された物資の集積地としての地位をも失った大阪は急激に衰退してしまいます。これを食い止めるべく、近世以来の豊かな経済力を生かして、それまでの商業に加えて紡績や鉄鋼などへの産業へと移行し、大正期には商業都市から〝商工業都市〟へと脱皮します。

When the Samurai era is over, the rice warehouse of each clan that was in Osaka also will disappear(Samurai had received a salary in gold. But because it the need was gone, warehouse no longer required.). Osaka of economic strength had declined sharply, because it is no longer the integrated areas of goods. However, there was a rich financial power since the early modern period in Osaka. This was invested in spinning industry and the steel industry. Therefore, Osaka was able to change the “commercial and industrial city”.

これが功を奏し、市街地には近代建築が立ち並び、モボやモガが闊歩する文化・芸術にあふれる都市へと変貌します。折しも東京が関東大震災で被災したことがあり、企業や人が大阪へ流入したため、その発展に拍車がかかって〝大大阪〟と呼ばれた黄金時代を迎えます。現在の大阪城天守や御堂筋(みどうすじ)や地下鉄の御堂筋線の建設されたのもこの時代です。今回は、そんな〝大大阪〟の時代の風景です。

Many modern building was built in Osaka of the 1920s ~ ’30s. Boys and girls in western clothes had swagger in Osaka of those days. At that time, Tokyo was devastated by the Great Kanto Earthquake. That’s why many companies and people to flow into Osaka, and Osaka had become even more in big cities. This is the era that is referred to as “the Great Osaka”. Osaka castle tower, main street (Midosuji) and subway(Midosuji line) was built in this era.

大阪歴史博物館に再現された当時の夜景。
The busy street night of those days, which is reproducedin the Osaka Museum of History.

御堂筋の大丸心斎橋(しんさいばし)店(左の写真)。
Daimaru Shinsaibashi of facing the Midosuji.

大丸心斎橋店の玄関装飾。Facade (Daimaru Shinsaibashi)

 

この建物は百貨店でアメリカの建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズによるものです。昭和8年(1933)に完成した〝大大阪〟を象徴するような存在ですが、 2015年12月30日をもってに営業を終了し、外装・内装の一部を遺して建て替えられることが決まっています。すごく残念ですが、耐震強度の不足などによるもので、これも時代に流れで仕方ないのかもしれません。

This building is a department store that has been designed in 1933 by the American architect William Merrell Vories. This is like a symbol of “Great Osaka”. However, it will rebuild of what is saved a part of the exterior and interior. It is very unfortunate. But that cannot be helped, because it had become too old for work and it is considered to be dangerous.

大阪を代表するタワーといえば「通天閣」です。大大阪時代に存在したものは戦争中に焼失してしまい、これは戦後に再建された二代目です。

Next, buildings representative of the Osaka is “Tsutenkaku”. The Tsutenkaku of those days was destroyed in the World War Ⅱ , this is the second Tsutenkaku that was rebuilt after the war.

大大阪時代に存在した通天閣には大きな天井画があったそうです。そんな天井が当時の写真などをもとに現代風に再現され、2015年7月3日から公開されています。

It is said that there was a large ceiling painting of first Tsutenkaku. The ceiling is reproduced on the basis of the photograph of those days, it is open to the public from July 3, 2015.

下の左の写真は昭和2年(1927)に建てられた『高麗橋(こうらいばし)野村ビル(大阪市中央区)』は今も現役です。右の写真は創建当時の絵葉書です。

“Koraibashi Nomura Building (Chuo-ku, Osaka)” is built in 1927. This “Koraibashi Nomura Building” has been drawn picture postcards of those days.

 

これにて『大阪歴史散歩』は終了です。古代から現代までの大阪の歴史はどうでしたか? がさつで雑多なイメージのある大阪ですが、奈良や京都と同じくらいの歴史があります。また、お好みやタコ焼きばかりではありません!! 〝天下の台所〟といわれた時代の食文化もあります!! 機会があれば、ぜひ!! 大阪へ来てください!! お待ちしていります。

This blog about the history of Osaka is completed. The Osaka has a history of as much as Nara and Kyoto. There is also a rich food culture and entertainment. Please come to Osaka!! I’m looking forward to meeting you.


大阪歴史散歩


大阪歴史散歩① 難波宮 ―― Ancient Osaka
大阪歴史散歩② 天下の台所―― Medieval Osaka
大阪歴史散歩③ 大大阪の時代 ―― Modern Osaka

1 Comment

  1. ピンバック: 大阪歴史散歩② 天下の台所―― Medieval Osaka – ひとつ屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。