• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

タイのレリーフ――Wood carving of Thailand

もう随分と昔、若いころにタイ王国で働いていたことがあります。バンコクとチェンマイの間を行ったり来たりの仕事だったのですが、その分、二つの街にたくさんの友達ができ、よい思い出をつくることができました。タイを離れることになったとき、そんな思い出の記念になればと思い、買ったのがこのチーク材のレリーフ(木彫)でした。ところが、ご覧のとおり。たびたびの引っ越しで、フレームの部分が折れてしまってい、長らく倉庫にしまったままになっていました。

Pretty long time ago, I was working in Thailand in my youth. I was often able to shuttle between Bangkok and Chiang Mai in my work. So I was able to have a lot of friends in two big city. And I was able to create a fun memories in Thailand. Then I have to leave from Thailand. Because my work was completed in Thailand. I thought that want goods of memories in Thailand at that time. So I bought a this wood carving of teak. You see what a state we are in. I broke the frame of carving. And it was housed in the closet a long time.

 

そこで、今回、せっかくのものなので、ワークショップのディスプレーに使おうを思い、修理することにしました。まずは、残ったフレームを切り取って、レリーフのみにしました。ところが、上の写真のように、フレームを切り取った部分が角ばってしまってしまったので、ここにヤスリをかけて、自然な感じにしました。

I repaired it recently. Because I want to decorate it in my workshop. So first I cut the remainder frames. But the part that was cut the frame has been angular. So I had sanded rounding the angular of wood carving.

 

各部で、この作業を繰り返し、丸一日をかけてレリーフを修理しました。これを壁に取り付けて完成です。

I repaired the wood carving repeat this work. This is the completed attached to the wall.

とても素敵です。特に、壁に映る影が、いい感じです。やっと、このレリーフも日の目を見ました。
It is cool shadow reflected in the wall. This wood carving will be published at long last.