• Workshop ひとつ屋 ものづくり工房 | 大阪阿倍野|草木染め・DIY

    近代以前の素朴な糸

    昨年の秋に絹について勉強したくて、長野県のシルクに関する博物館を巡ってきました。予約もなしに突然に訪れたにもかかわらず、どの館でも非常に丁寧に展示品や製糸、養蚕についてご説明くださいました。

    なかでも非常に興味深かったのが製糸に関するもので、上州式座繰り機や諏訪式座繰り機により糸取り(繰糸)の多体験をさせていただいたことです。

    さらに興味をひいたのが、上州式や諏訪式の座繰りが登場する以前の糸取りの方法でした。繭から糸を手で引き出す「手引き」をはじめ、繭を引き延ばすようにして糸を取る「ずり出し」など、近代以前の方法や糸にとても興味をもちました。

    こうしてさまざまな技法でつくられた糸を見ていると、糸の作り方に正解や不正解があるのでなく、自分が思う糸を作れることが最も大切なんだなぁ と感じさせられます。

    ひとつ屋では、もっと素朴な糸を作ろうと思っています。これからを楽しみにしていてください!