• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

蚕の社(かいこのやしろ)京都

早いもので平成30年が明けて2カ月が過ぎようとしています。が、今年の正月は親戚まわりが続き、いまだに初詣に行くことができていないままです。そこで、あえて旧歴の正月(2月16日)を待って初詣することにしました。

というのも、草木染め(染織)の作業は旧暦で行うのがよいと聞いたことがあります。そういえば「立春」や「半夏生(はんげしょう)」「八十八夜」「二百十日」など、旧暦に基づいた日の後に“〇〇〇の作業をすればいい”などということを聞いたことがあります。

去年から頑張ってきた工房のDIYリノベーションも終わり、今年は草木染めを頑張りたい!と思っていたので、まずは養蚕や染織の神様でもある京都の「蚕の社」にお参りすることにしました。

私にとっては、旧暦の正月であり、染織の神様でもありーーと、特別な思い入れが日と場所ですが、祭礼でもない日でもないこの日は、お参りする人もまばらで、とても神秘的な雰囲気に包まれていました。

しっかりと染織に精進すると、しっかりとお参りしてきました。