• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

藍の種をまく。

毎年、決まって春分の日に藍の種をまきます。

この日は父に命日でもあり、この日に種をまくと何となく心が落ち着くというか、縁起がよいような気がするというか――で、午前中に畑に行って、午後からは命日と彼岸に法要をつとめるのが恒例です。

ところが、今年はお彼岸だというのに、季節外れの冷たい雨と風。関東では記録的な積雪になったとか。染料農園へ行けるような状態ではなかったので、この日の種まきを断念しました。

それから数日後、今日は快晴で明日からも春らしい日が続くということなので、いつもより早起きして畑へ行って、小さな箱に藍の種をまきました(※ ひとつ屋での栽培では、藍の種は箱まきして15㎝ほどに生長したのち、畑に移植しています)。いつもの年より少し遅れた種まきとなりましたが、終えれたことでホッとしています。

作業を終えて、ふと見上げると大きな桜の木に花がチラホラと咲いています。季節外れの冷たい風のなかでも咲いた可憐な花に、そこまで来ている春を感じさせられます。

ちなみに、この畑で育った藍は、例年、泥藍(沈澱藍)にして利用していますが、今年は生葉で絹(シルク)や羊毛(ウール)をたくさん染めようと思っています。

随時、生長日記をUpしていきます。楽しみにしていてください!


Every year, I plant Japanese indigo seeds on the day of spring equinox.

This day is my father’s date of death. I can calm my mind by sowing on this day. Every year, I go to the fields in the morning and visit the graves from the afternoon.

However, the vernal equinox day this year, it was cold rain and wind out of season. It seems that there was record blizzard in Kanto. Since It was not in a state where I could go to the field, I abandoned the seeding of this day.

A few days later, today is fine weather. It seems that springy days will continue from tomorrow. So I got up earlier than usual and went to the field this morning to sow indigo seeds.

Flowers were blooming in a big cherry tree in my fields. A pretty flower blooming in a cold wind tells us the arrival of spring. By the way, I will dye silk and wool using Japanese indigo leaves raised in this field.

From time to time, I will upload a growth diary of Japanese indigo to this blog. Please look forward to!