メニュー 閉じる

原始機

ひとつ屋で作るものは〝芸術よりも民芸でありたい〟と常づね思っています。といえば、かっこいいのですが、簡単にいうと〝できるだけ素朴な染物や織物〟を作りたいと思っています。

そんな思いのなか、以前から興味をもっていたのが「原始機(げんしばた)」です。これは読んで字のごとく〝原始時代の機〟で、少ない部材と道具で織ることができるとてもシンプルな織り機で、「腰機(こしばた)」や「いざり機」など呼ばれることがあるそうです。「機」というより「仕組み」といったものなのですが、これが意外にも立派な布を織ることができます。

そして何より!簡単な材料で始めることができるので安価に作ることができます。「織物には興味はあるんですが、機が高価なのであきらめました」という言葉をよく耳にします。

そんな方にも染織を楽しんでいただきたいと思い「原始機でのワークショップ(講習)」を始めました。とはいえ、思いどおりにいかないことばかり――。受講生さんとともに考えながら進めています。

I like rustic textiles. So I am interested in primitive loom. This is a very simple loom that can weave textiles with few parts and tools. Similar looms have been found from the ancient ruins around the world. And they are excavated from ancient ruins in Japan also. It can be made cheaply with simple materials.

So I’d like to hold a workshop at the primitive loom for many people to enjoy woven textiles. But I do not know anything. I am thinking how to make and weave looms with students in our workshop.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。