メニュー 閉じる

天災は忘れたころにやってくる。

ひとつ屋のある大阪は、先週初め(2018年6月18日)に大きな地震に襲われました。大阪市の西南部に位置する自宅と工房には、大きな被害はありませんでしたが、それでも染料や助剤のボトルが棚から落ちたので、その揺れの大きさに驚かれました。一週間程度は余震に注意しなければならないらしく、工房へ行くのも控えていましたが、それもおさまってきたようなので徐々に工房での作業を再開しています。

Osaka where I live was hit by a big earthquake early last week (June 18, 2018). There were no major damage in my house and the workshop located in the southwestern part of Osaka city. However, as books and bottles fell from the shelf, I was amazed at the magnitude of the earthquake shaking. Since we had to pay attention to aftershocks for about a week, I refrained from going to my workshop. Since I have no aftershock this past few days I resumed work in my workshop.

昨日はニンジンの葉を煮出して染料を作り、ウールを染めようと思っています。
I made a dye with carrot leaves yesterday. I am planning to dye wool today.

私たちの住むエリアでは南海トラフの大地震が懸念されてます。天災は忘れた頃にやってくる――を肝に銘じ、防災や減災を心がけようと思います。

In the area where we live there is concern about the Nankai Trough big earthquake. There is a word in Japan that natural disasters will come around when we forget. We must always try to prevent disasters.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。