メニュー 閉じる

半夏生と藍

7月2日は七十二候(しちじゅうにこう)の一つ「半夏生(はんげしょう)」です。昔は夏至から数えて11日目としていたそうですが、今は天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっているそうです。

It is a calendar day adopted from Hangesho which is one of the 72 divisions of the solar calendar and was formerly the eleventh day after the Summer solstice, and currently is the day that the sun passes overhead at an ecliptic longitude of 100 degrees.

あまりなじみのない日ですが、農家にとっては大切な日らしく、この日までに田植えを終え、5日間は休みとする地方があるとか。また、この日は空から毒が降るといわれ、井戸に蓋(ふた)をしたり、この日に採った野菜は食べなかったり、さらにタコを食べたり、うどんを食べたりするなど、各地にさまざまな習慣が残っているそうです。

It is a day unfamiliar to us living in the city. But for farmers it is an important day. For example, farmer’s in some regions must finish planting rice by this date. And they seem to get 5 days off. Also, people cover the wells. Because I believe that poison will fall from the sky on this day. And there are customs not to eat vegetables taken on this day. In addition, there are areas to eat udon noodle and octopus. Various customs exist in various parts of Japan in this way .

ひとつ屋染料園では、毎年この半夏生を過ぎたころに一番藍(いちばんあい)を収穫することにしています。

I harvest first Japanese indigo at after of this day every year in my garden.

今年は春から初夏にかけてのころに雨が多く、日照時間が少なかったせいか――、今年の藍は色が薄いような気がしていましたが、半夏生が近くなって急に色が濃くなりました。いよいよ収穫です!

This year from the spring to the early summer it rained a lot and the sunshine hours were few. So I felt that the indigo color was thin. But Hangesho got closer and suddenly darkened their color. It’s time to harvest!

そこで、今年も「藍の生葉染め」のワークショップを開催する予定で、近日中に詳細をお知らせいたします。生の藍でしかでないターコイズブルー。ぜひ! あの藍色を楽しんでください。

So I plan to hold a workshop ” How to dye with Japanese indigo fresh leaves” this year too. Details will be announced soon. Only the fresh indigo leaves can dye the cloth into turquoise blue.

Please enjoy that Japanese indigo blue !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。