メニュー 閉じる

西アフリカ伝統泥染め

以前からアフリカのデザインが好きで、見よう見まねでこんなものを作っていました。

↓ ロウケツ染めによるバッグとTシャツ

が、本物のアフリカの伝統的な染め物は博物館で見ただけで、触れたこともなく、ましてや染め方など全く分かりませんでした。そんなおり、ネット上で見つけたのが『西アフリカ伝統泥染め体験』。で、早速に参加させていただき、染色方法はもちろんのこと、デザインの意味やアフリカでの体験など、丁寧にご説明いただきました。

↓ 『西アフリカ伝統泥染め体験』での制作風景。まずは下描きです。

↓泥による染色。黒い部分を描いていきます。

↓さらに茶色を発色する泥で描いて乾かします。

↓ これを水洗いして天日に干せば完成です。

憧れのアフリカン・テキスタイル!! う~んッ!! 今までロウケツで、その雰囲気を出そうとしていましたが、こうして本格的に、なおかつ伝統的な方法で染めたものは、とても素敵です。ただ、はやり日本人の私のデザインは、やはりアフリカのものとは違いますね――(笑)。

↓ ちなみに、下の写真が本物です。

もっともっと勉強して、作品づくりに! ワークショップに! 生かせるように頑張ります。これからを楽しみにしていてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。