メニュー 閉じる

赤麻(あかそ)での染料の作り方

How to make dye with Akaso

先日、岐阜県で採取してきた赤麻(あかそ)から染料を作り、きれいな赤い染料をとることができました。今日は、その染料の作り方を紹介します。

I was able to get Akaso in countryside the other day. And I was a make it a beautiful red dye. I will show you how to make that dye.

まずは赤麻(あかそ)についてです。

First of all, It is about Akaso.

赤麻は「赤苧」とも書く、イラクサ科の多年草で山地に多く自生し、高さ60~80cmで葉の縁にはノコギリのようなギザギザがあります。その名のとおり、茎に赤みがあり、淡紅色の穂をつける植物です。

“Akaso” is in Japanese. The meaning is “red hemp”. This is a perennial plant of Urticaceae. The height of the plant is 60 to 80 cm, and on the rim of the leaf there is a jagged like saw blade. Akaso grow abundantly in Japanese mountainous areas.

制作風景
制作風景

ちなみに、昔は乾燥させた赤麻の茎を木槌などでたたいて繊維をとり、それを撚(よ)り合わせて糸を作って、さらに布に織ったそうです。それが「麻」のような布なので、「赤麻」と書くようになったそうですが、その葉は紫蘇によく似ており、「赤い蘇」の意味ではないかと思っています。漢字での表記は別として、ほともと「そ」には何らかの意味があって(例えば、「ギザギザ」みたいな意)、「紫の“そ”」や「赤い“そ”」から、そう呼ぶようになったのではないこと思うんです。
※ただし、あくまでも僕の個人的な説です。

Our ancestors seem to had gotten fibers by hammering dried Akaso Stalks with a mallet. They seemed to twist the fibers to make yarn, and they woven that fabric into a cloth. Akaso has a red stem and hemp-like fibers, so it became the name of the meaning of "red hemp" in Japanese.

でも、染料をとるために赤麻を煮ると、ほんと「紫蘇ジュース」と同じ香りがするんです。僕の仮説も、まんざら間違いではないかもしれませんよ。

Boil the indigo to take the dye and it will smell like herb. I like this smell.

余談はこのくらいにして、「赤麻での染料の作り方」は次のとおりです。

let's come [get] back to what I am talking about, "How to make dye with Akaso" is as follows.

(1)まず、水洗いしてゴミを取り除いた赤麻を2~3cmほどの長さに切ります。そのとき、ステンレス製の刃物は使えません。草木で染めた多くのものは、最終的に金属イオンで発色と定着をさせます。これを媒染(ばいせん)と呼ぶのですが、それまでは金属に触れさすことができないからです。

(1)First, Akaso is washed with water to remove garbage. Cut it to length of 2 ~ 3 cm. Do not use stainless cutting tool at that time. Many botanical dye is fixed on cloth (fiber) by metal ions. So you have to keep them away from metal ions such as iron and aluminum.

(2)湯が沸騰したら火を弱め、40分ほど煮て染料を抽出します。僕の場合、あまり難しく考えず、自分が好きな色が出れば煮るのをやめます。ただ、できるだけ濃く、それでいて透明度の高い染料を作ることを目標としています。というのも、濃い染料にしておけば、後で薄めることができます。

(2)When the water boils, add Akaso, and boil it for about 40 minutes to extract the dye. Do not think too hard. Stop boil if you get the color you like. But you have to make as thick and clear dye as possible. Because you can dilute with water later, if you make a thick dye.

制作風景
制作風景

(3)煮るのが終わると、ストレーナーで大まかに葉や茎を取り除き、熱いうちに細かい目の濾布(こしぬの)を使って染料のみを濾しとります。煮出した直後は、茶色だった染料が空気に触れ、次第に赤く変化していきます。

After you boil Akaso, remove the leaves and stems roughly with a strainer, and you will get the dye by filtering with a cloth while the broth is hot. At first, brown dye gradually turns red with touching the air.

(4)さらに、このまま2~3日放置しておくと空気との酸化作用によって赤みを増します。

Leave as it is for 2 to 3 days, it turns red more due to the oxidizing action with air.

制作風景
制作風景

赤麻の染料は、水だけを使って抽出することができる、比較的簡単な染材です。近くに赤麻のある方は、ぜひ!! やってみてください。

Akaso is a relatively simple dye that can be extracted simply by simmering. If you can get Akaso please try making dye.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。