• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

座繰機――Hand filature

これなんだと思います? What do you think this is ? これは「座繰機(ざぐりき)」と呼ばれるもので、繭(まゆ)から絹糸を引き出して巻き取るための道具です。以前から欲しかったのですが、新品で買うと結構な価格で、僕に手の出せるものではありません(で、なぜ? これが欲しいかというと、ついに!! 繭から絹糸をとって織るつもりです)。で、探しに探して、ようやく手に入れました。なんと!! 2,980円でした。 Th …

続きを読む


革の柿渋染め――Leather dyed in persimmon tannin

随分と以前から細々とレザークラフトを続けています。最近〝革も天然染料で染めてみたい!!〟と思うようになり、まずは身近にあった柿渋で染めてみました。 I have continued the leather craft in addition to the dyeing and weaving. I think that I want to dye leather with natural dyes recently, so I …

続きを読む


水草水槽のリベンジ!!

数日前のブログ( 『水草水槽 大失敗!!』 )で、水槽に水草を植えようとしてソイルを舞い上げ、大失敗してしまったことを書きました。 水は濁るし、水草は植わらないし――。大失敗です。なにかコツみたいなものがあるんでしょうね。 それから数日後、水を替えて水質が落ち着くのを待って、いざ!! リベンジです。 丁寧に!慎重に!を心がけて、何とか成功です。 今はまだ水が白濁していますが、これも落ち着いてくるでしょう。 水草が生長を始めるのが …

続きを読む


ハンガーラック

昨日はハンガーラックを作りました。もちろん!! DIY!! つまり〝自作〟です。   しかも!! 三台も。これで15枚のTシャツが展示できます。 店のオープンにむけて、まだまだ頑張ります。

続きを読む


糸車(いとぐるま)―― Spinning Wheel

先日、北海道からこんなものが届きました。 This had been delivered to my atelier from Hokkaido the other day. これは糸を紡ぐための〝足踏み式の糸車〟です。 ついに糸を紡いで〝織り〟にも挑戦しようと思っています。 This is the “foot-operated spinning wheel” to spin a yarn. I am g …

続きを読む


紅花(べにばな)の栽培

10月のある晴れた日、ひとつ屋 染料農園の一角で紅花(べにばな)を栽培しようと、その種を蒔きました。 紅花はエジプトが原産といわれ、古来 世界各地で栽培されてきました。シルクロードを経て日本に渡来したのは、4~5世紀ごろだそうです。平安時代には現在の千葉県で栽培され、江戸時代の中ごろからは山形県の最上(もがみ)地方が有名な産地となりました。ところが、明治時代に入り、化学染料が普及するにつれて紅花の栽培は次第に衰退していったそうで …

続きを読む


壁面ディスプレイ棚

お店で使う予定の家具(什器)も、もちろん!! DIYで作っています。コツコツやってます!! といいたいところですが、もはや〝義務〟といった状態――。来春までには何とかオープンしたいです。ふ~ッ。 で、今 作っているのが、このスペースに設置する予定の棚。 というのも、この壁には珪藻土(けいそうど)を塗っているので(『 珪藻土で壁を仕上げる ① 』)Tシャツなどを引っ掛けるためのフックなどをつけることができないんです。 そこで、早速 …

続きを読む


日本茜(にほんあかね)―― Japanese madder

今年も日本茜の花が咲きました。そして、実が付きました。 Japanese madder bloomed in my garden this year also. And, now it has seeds.   「日本茜(にほんあかね)」は、中国から朝鮮半島、日本に分布するアカネ科のつる性多年生植物です(西洋茜に対して「日本茜」といっていますが、本来は「茜」のみです)。その根は古代から赤の染料として用いられてきました。 Japa …

続きを読む


水草水槽 大失敗!!

こんな水槽に 水草を植えようと、はりきって購入してきました。   まずは充分にアク抜きをした流木を入れ、さぁ! 水草の植え付けです。 が!! こんな状態になってしまいました。   水草は何度植え込んでも浮かんでくるのでソイル(土)が舞い上がって、水が真っ黒に濁ってもうどうしようもありません――。また最初からやり直しです。

続きを読む


染色から〝染織〟へ―― Dyeing and weaving

最近、すごく興味のあることがあります。 Recently, I have very interested in natural fibers. ⇔ これが これなんです。 One of them is this. これは以前にも紹介したカラムシの繊維(内皮)をスピンドルで撚りをかけて糸にしたものです。それは糸というより、ゴツゴツとした〝ひも〟に近いものですが、とても素朴で〝古代の繊維〟という雰囲気があります。   &n …

続きを読む