• Workshop ひとつ屋 ものづくり工房 | 大阪阿倍野|草木染め・DIYのワークショップ

    叢雲絞り

    先日のワークショップでは叢雲絞り(むらくもしぼり)についてレクチャーさせていただきました。「叢雲」とは、むらがり立った雲ことで、例えば 下の写真のような雲をいいます。 この雲を絞り染め(藍)で表現すると、こんなふうになります。 これが「叢雲絞り」というもので、本来は筒状に縫った布を棒にまきつけて浸染することで表現する技法なのですが、ひとつ屋にはほどよい棒がありません。そこで、こんなボトルに布を巻いて代用したのですが、とても!! …

    続きを読む


    本日、8月24日も営業します。

    おはようございます! 本日、8月24日も 午後6時より9時まで営業いたします。 皆さまとお会いできるのを 楽しみにしております。

    続きを読む


    河内木綿の収穫

    ついに!河内木綿(かわちもめん)の実がはじけました。 これから次々と収穫したいです!

    続きを読む


    鎮魂

    71回目の「終戦の日」です。 小学生として疎開や大空襲などの戦争を経験した父が亡くなって5年――。わが家でも戦争経験者は喪われ、中学・高校生になった孫世代にとって戦争は“昭和時代”の歴史です。そして私たち息子世代は、かつて子どもたちを戦地に送った親と同じ世代になりつつあります。 息子が戦地へ――。その悲劇を思うとただ鎮魂を願う一日です。

    続きを読む


    日本茜(にほんあかね)

    「西洋茜(セイヨウアカネ)」や「いんど茜(あかね)」は染料店で安価に購入することができるのですが、日本古来の茜(日本茜)を手に入れるのは困難です。ここは日本なのに――!?。そこで、数年前から 日本茜 を栽培しています。 ↓数年にネット通販で購入した苗の栽培をはじめ、去年は初めて収穫することができました。  ⇔  これまで地這いで栽培していたのですが、今年はもっと!! と欲ばって試行錯誤の結果、ネット状の支柱を立ててみました。する …

    続きを読む


    自作!! 整経台

    久しぶりに電動ドリル(卓上ボウル盤)をひっぱりだしてきて、コツコツと作業して整経台を作りました。   こんなふうに使って織り機にかける経糸(たていと)を作ります。 (この作業では綾をとっていません。) いよいよ自分で紡いだ綿糸でストールを織ろうと思っています。

    続きを読む


    自作!! かせあげ機

    随分と以前に、インターネットで古い「 かせくり機(綛繰り機) 」を購入し、修理して使っていることをブログに書きました。ところが、これに合う 「 かせあげ機(綛上げ機) 」がないので、 DIYで自作することにしました。 ↓以前インターネット購入した かせくり機。この かせくり機の円周に合わせてもちろん!! DIYで作り始めました。   ↓数時間かけて、できました! ちなみに、こうんなふうに使います。紡いだ糸を糸枠やボビンから綛(か …

    続きを読む


    藍染めの糸と布

    「 ものづくり工房 workshop ひとつ屋 」が、オープンしてから1カ月がたちました。営業時間が短いうえに、なんの広告もしていないので、大阪弁でいうボチボチという状況ですが、それでも 「染織がやってみたかったんです!!」 と、数人の方にワークショップの受講をスタートさせていただきました。 そこで、藍染めを説明するときのために、こんな手紡ぎ糸と素朴な綿布を染め方や色のサンプルとして染めてみました。 次に、この糸を使って手織りス …

    続きを読む


    暖簾(のれん)

    厨房と客席を仕切るために、柿渋で染めた麻布で暖簾(のれん)を作りました。大急ぎで作ったわりには、よいものができました。 I made the curtain by linen dyed with persimmon for partitioning the kitchen and cafe hall. It’s a Japanese half curtain called ‘Noren’. C …

    続きを読む


    平成28年度「沈殿藍」づくり part1

    春の彼岸に蒔いた藍の種( 『 藍の種をまく 』 )が順調に成長して、梅雨の晴れ間となった先日、一番藍(いちばんあい)を収穫することができました。藍は年に2~3度収穫できるので最初に収穫するものを「一番藍」とよんでいます。ちなみに、一番藍が最も濃い藍色成分を含んでいるそうです。 ↓今年は畑を変えたせいか、いつもの年より葉が大きいんです。   ◆ 沈澱藍(泥藍)の作り方 いつもの年なら茎も一緒に樽に浸けて「沈殿藍」を作るのですが、今 …

    続きを読む