• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

手捺染

先日来、作っている『うずしおTシャツ』の染め作業を終えました。今日は、その工程を紹介します。今回、用いる技法は「捺染(なっせん)」と呼ばれるもので、染料を糊に混ぜて型紙を通して布に染め付ける方法です。 でも、ひと言で「捺染」といっても、使用するのが染料だったり、顔料だったり、または手作業によるもの、機械によるものなどで、呼び方や作業工程が異なります。今回、僕が用いたのは染料による「手捺染」という方法です。では早速、その工程を紹介 …

続きを読む


帆掛船 Tシャツ

先日来、コツコツと作っている 『うずしおTシャツ』の話です。 これが完成想像図だったのですが、なんとなく、観光地の土産屋さんで売ってそうなデザインだったので、ベースの白地を青のムラ染めにしたり、波の部分に捺染で「青海波」模様を入れたりと、手を加えて雰囲気を変えようと思っています。 となると、ちょっと寂しいのが背中のデザイン。 そこで、こんな柄を入れるとしました。 これは『帆掛舟(ほかけぶね)』という家紋で、村上天皇を祖とする名和 …

続きを読む


草木染(檜皮)の染め方

もう随分と前に『染材採取』と題したブログで、染料になる植物を採取したことを書きましたが、そのなかの一つ「檜皮」で薄いコットンを染めてみました。 これが山で見つけた檜皮檜の樹皮です。 写真で見ると、えッ!? って感じなんですが、まずはゴミを取り除き、よく水洗いしてから2cmほどに切ってから乾かしておいたのが下の写真です。 これを、もう一度よく水洗いして、ステンレスの鍋に炊いて染料を作ります。ちなみに、草木染の染料を煮出す場合は、必 …

続きを読む


商売繁盛 って!?

若いころから毎年この時季になると体調を崩します。まるで年中行事ように--。例によって、今年もそうで、どうにも辛いので病院にいってきました。いつものことなのですが、今年もまた病院の先生に「気候の変化に体だついていけていない」と言われました(いやぁ~、意外にデリケートなんです(笑)。 で、診察を終えて処方箋をもらって薬局へ。「体調の悪いとき、病院からまた別の場所に行くのは、しんどいわ。昔みたいに病院で薬くれたらええやんッ! と思いな …

続きを読む


郷愁

自宅から工房まで、自転車でおよそ20分。その道は、僕が“物づくり学校”に通った、かつての“通学路”でもあります。あれから30年ーー、道すがらの風景も随分と変わりました。 が、この「踏切」の風景だけは 何も変わっていません。 自転車で擦れ違うにも、ちょっと注意が必要なほど小さく、何の変哲もない踏切なんですが、チンチン電車がコトコトと通り抜ける風景がまるでオモチャのようで、学生のころから大好きでした。そして、この踏切から見える「一点 …

続きを読む


風呂敷(藍染/木目絞り)

先日来、コツコツと作っていた藍の絞り染め風呂敷がやっとできました。やっぱり、僕は、こういう雰囲気のものが好きです。 これは、絞り染めのなかでも最も単純な技法の一つで「木目(もくめ)絞り」と呼ばれるもので、1cmほどの間隔で、ただひたすら波縫いをして絞っていきます。今回は市松模様にし、絞り柄も交互になるよう配しました。 まずは、風呂敷に縫い目を下書きします。 この線に沿って、できるだけ細かく波縫いします。 全ての波を終えると、順番 …

続きを読む


初代 通天閣(大阪市)

大阪城とならぶ「なにわのシンボル」といえば、なんといっても『通天閣』です。このブログでも何度も紹介していますが、今回は少し視点を変えて、初代 通天閣について紹介します。 これが初代の通天閣です。 この通天閣が建てられたのは、今から100年前の明治45年(1912)、第5回内国勧業博覧会の跡地に造られた「新世界ルナパーク」という遊園地のシンボルとして建てられました。パリの「凱旋門」の上に「エッフェル塔」を乗せたという、ちょっと変わ …

続きを読む


『あべのハルカス 三十六景』 第七景 「新木津川大橋」

葛飾北斎の『富嶽三十六景』にちなんで始めた『あべのハルカス 三十六景』。第七景となる今回は大阪市の西南部を流れる木津川に架かる「新木津川大橋」からの眺めです。 両岸に工場が建ち並ぶ木津川は、古くから人の手によって開削された、いわば“人工の川”です。この写真を撮った新木津川大橋の付近は最も河口で、海の香りが漂い、潮の干満の影響を受ける汽水域です。 江戸時代には、菱垣廻船(ひがきかいせん)や樽廻船(たるかいせん)が往来し、錦絵(浮世 …

続きを読む


はぎれを染める。

今回も地味な制作風景です。写真は、伸子に張った布を引き染めしているところです。実は、毎日こうして布で何かを作っていると、はぎれが溜まるんです。捨てるに捨てられず、何かを作るにも小さすぎるーー。なんていう生地が、ダンボール箱にいっぱい! で、いろ~んな色に染めて、パッチワークのTシャツを作ってみよう!と、小さなハギレばかりを染めています。さて、どんな作品ができのか!?  今はオレンジ色ですが、まだまだいろんな色を染めなければならな …

続きを読む


青海波を彫る。

以前に『鳴門の渦潮(うずしお)』をイメージしたTシャツを作ろうと、あれやこれやと思案しているのですが、なかなか納得にできるものにならない! というようなブログを書きました。 そのTシャツのデザイン案です。 で考えた末に、色分けしたラインを型染(捺染)で表現しようと思っているのですが、ベタっとした面を作るより、せっかくの型染なのだから柄を加えようと考え、その型紙を彫り始めました。 まるで蛇の鱗のように、うねりながら続くのは「青海波 …

続きを読む