• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

DIY リノベーション 「窓作り」

次なる改修場所はこの辺りです。

実は「辺り」というのは、ここをどうするか まだきっちりとは決めていないからです。ただ、ご覧のとおり、シャッターを開ければ、さんさんと陽が差し込む南側になっているので、大きな窓と、その下に花壇を作ろうと思っています。が、出窓にするか、その逆の入窓(?)するか、それとも普通の窓にするか・・・、悩んでいます。

どれにせよ、窓の下に花壇を作るので、
まずはコンクリートで台を作るとします。

もともと、ここはエアコンの室外機のあった場所で、数日前まではコンクリートの土台がありましたが、あまり良い状態ではなかったので撤去し、分別しておいた砂利を敷き詰めてました。

↓室外機のコンクリート土台。


すべての撤去した後に、もともと室外機の排水用に敷設されていたパイプを、花壇での排水にも利用しようと思い、おおよそ花壇の中心に排水口がくるように接続し直しておきました。


下準備が終了したので砂利を敷き詰め、さらに外側との境界なるように、コンクリートの土台を作るために型枠を組んでおきました。

さぁ~、いよいよコンクリートを流し込みます。
型枠から土台へ・・・。

さらに、水平を保ちながら
全体へとコンクリートを流し込んでいきます。


全部で80Kgのコンクリートを手で練ったので、もう腕も腰もパンパンです――。でも、その甲斐あって、きれいに流し込めました!!

これが完全に乾くのを待って、次の作業に取り掛かります。
しかし、どんな窓にするかを考えねばなりません――。