メニュー 閉じる

近代製糸以前の素朴な糸

Pre-modern yarn of silk

昨年の秋に絹について勉強したくて、長野県のシルクに関する博物館を巡ってきました。予約もなしに突然に訪れたにもかかわらず、どの館でも非常に丁寧に展示品や製糸、養蚕についてご説明くださいました。

I wanted to learn about silk last autumn and visited the museum on silk in Nagano prefecture. Nagano Prefecture was a big producing area of Japanese silk about 100 years ago. So I visited Nagano Prefecture. I visited without an appointment, but the staff of every museum explained politely the exhibits, silk‐spinning and sericulture.

なかでも非常に興味深かったのが製糸に関するもので、上州式座繰機や諏訪式座繰機で糸取り(繰糸)の体験をさせていただいたことです。

Among them, I was very interested in silk‐spinning.  It was an unforgettable memorable that I experienced silk‐spinning with older machines more than 150 years ago.

ものづくり紀行
ものづくり紀行

さらに興味をひいたのが、上州式や諏訪式の座繰りが登場する以前の糸取りの方法でした。繭から糸を手で引き出す「手引き」をはじめ、繭を引き延ばすようにして糸を取る「ずり出し」など、近代以前の方法や糸にとても興味をもちました。

I was very interested in more old methods of spinning. Those are silk‐spinning methods before the Industrial Revolution. And there is a taste in the silk yarns made so.

こうしてさまざまな技法でつくられた糸を見ていると、糸の作り方に正解や不正解があるのでなく、自分が思う糸を作れることが最も大切なんだなぁ と感じさせられます。

When I saw at the silk yarns made by various spinning methods in this way, I feel that it is most important that I can make my favorite yarns than that how to make it.

ひとつ屋では、もっと素朴な糸を作ろうと思っています。これからを楽しみにしていてください!

I would like to make more quiet silk yarns.  Please look forward to the items we make in the future!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。