メニュー 閉じる

ものづくりの街――第二話『メガネ作り工場の見学』

みなさん、こんにちは!ひとつ屋のKakiです。

前回のブログ「ものづくりの街――第一話「雪の町」」に続き、福井県鯖江(さばえ)市の “ものづくり” についてです。いよいよ本来の旅も目的が始まります。

この旅での私の任務は、この街を代表する産業である“メガネ工場の見学”“それにまつわるアイテム”を探すこと!

まず最初に訪ねたのはプラスジャック株式会社さんの工場です。この会社は主にメガネとメガネフレームの素材の一つであるアセテートの加工をされています。社長はとても親切な方で、工場の案内をしていただきました。

 メガネのフレームの未加工であるアセテートを見るのは初めて。さまざまな色や模様があるのをびっくりしました。加工されたアセテートは透き通っていて綺麗な色とツヤがあり、まるで天然石のようでした。

ほかにも、メガネフレームの主な製造工程を一つずつわかりやすく説明してくださいました。加熱したテンプルに金属の芯を差し込む技術、職人の技でひとつ一つ丁寧にヤスリがけしていく作業、としてテンプル、鼻パッドなどをネジで留めて組み立てるなど――、どの工程で繊細で緻密なものばかり。なるほど!世界に知られたの品質の高さを感じさせてくれます。ひとつ屋でも、ぜひ!“鯖江のメガネ” 紹介したい!を考えています。楽しみにしていてください。

 次回、メガネの素材で生み出されているさまざまなアイテムを紹介します。こちらも、お楽しみに!


◆ Click here for the English version of this blog
◆ 点击阅览中文


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。