メニュー 閉じる

アンティーク腕時計

みなさん、こんにちは!ひとつ屋のKakiです!

 「一月往ぬる二月逃げる三月去る」などといいますが、ほんとッ! 1月がアッという間に過ぎていきました。

皆さんは充実した日々を過ごされていますか? 何か新しいことをスタートしましたか? 私は、ひとつ屋のリニューアル・オープン前で、とても忙しい毎日を送っています。

127日には大阪府の南部――岸和田(きしわだ)市の地藏浜(じぞうはま)で開催された「地蔵浜みなとマルシェ」へ行って、相棒のCOM君と一緒にアンティーク時計販売のお手伝い(?)、いや!“時計と接客の勉強” をさせていただきました。

午前9時、私たちが会場に到着したときには、寒い日にもかかわらず、すでに大勢のお客さんが集まっていました。早速、準備に取り掛かり、さまざまな色やスタイルの腕時計が年代別に並べると、冬の太陽の下でキラキラと輝きます。

間もなく、私たちのブースにも大勢の人が集まり、私は “古い腕時計って人気があるんだなぁ” と実感しました。

アンティーク腕時計は、すでに廃番になったものばかりで、どれもそれぞれの経緯をたどってきたものばかり。ひとつ一つに時間を重ねてきた表情があります。また、デジタル化した今の腕時計にはない温もりさえ感じます。

 ひとつ屋でも、こうした時計をも紹介していく予定です。ぜひ! 楽しみにしてしていてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。