メニュー 閉じる

だいがく祭と勝間木綿

私の暮す地域では、7月24日、25日に夏祭りが催されます。かつて、この辺りは「勝間(こつま)木綿」と呼ばれた綿花の産地であったそうです。今ではすっかり都会になって、勝間木綿も失われてしまいましたが、この夏祭りだけが、ここが農村だったことを今に伝えてくれてます。

Traditional Japanese summer festival are held on 24th and 25th July in the area where I live. This area was the origin of Kotsuma Cotton more than 150 years ago. But now it is big city , and Kotsuma Cotton has been lost. But now it is in the big city, Kotsuma Cotton has become extinct. This summer festival tells us that this was a rural area.

高さが約20mもの柱に約70個の提灯と鈴を飾りつけた「だいがく」と呼ばれる櫓(やぐら)の起源は、その鈴を鳴らして雨乞いをしたことに始まるそうです。かつては大阪市の南部に同様のものが残っていたらしいのですが、この一基を残して戦災で失われたそうです。

This is a tower called “Daigaku”. Many lanterns and bells are attached to this tower. Our ancestors rang bells when praying for rain. There used to be a similar tower in the southern part of Osaka city, but those was lost in the World War II. It is only this one that is left now.

今、栽培している和綿は勝間木綿ではありませんが、連日の猛暑で少し元気がないように思うので、この神事に私も雨と豊作を祈願しました。

I am cultivating the Japanese cotton now. Unfortunately it’s not Kotsuma Cotton.However, I prayed for rich harvest of cotton and good rain at this summer festival. I am looking forward to the cotton harvest.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。