メニュー 閉じる

車輪梅の実で染めてみた。

I dyed it with Rhaphiolepis umbellata seeds.

少し前のブログに『車輪梅(シャリンバイ)』と題して、この木になる実について書きました。その内容は“樹皮は染料になるので種を採取して春にまいてみよう”というものでした。が、その保管のためには皮をむいておく必要があるのですが、むいた皮がとても美しい色をしていたので皮を使って布を染めてみることにしました。

※ I am not very good at English, so I apologize in advance.

I wrote about rhaphiolepis umbellata seeds this blog “Rhaphiolepis umbellata seeds” before. The content of that blog is a thing to collect that seed and plant it in spring. Because the tree bark becomes a dye. It is necessary to peel off the seeds for storage. The skin of seed had a very beautiful color, so I decided to dye the cloth with it.

↓シャリンバイの実
Rhaphiolepis umbellata seeds
ひとつ屋染料農園

今回はウールを4種類の媒染剤(アルミ、チタン、銅、鉄)で染めてみました。どれもとても素敵な色になりましたが、特に鉄とアルミを気に入っています。次にシャリンバイの実が収穫できる季節がきたら、今度は原毛を染めて糸にし、何かを織ろうと思います。少し先のことですが、楽しみにしていてください。

I dyed wool cloth with four mordants (aluminum, titanium, copper, ferrous). All of them became very wonderful colors. Among them, I especially like colors by ferrous and aluminum. Next time I can harvest rhaphiolepis umbellata seeds, I will dyed raw wool and make it into thread and weave something. Please look forward to.

↓シャリンバイの実で染めたウール
Wool cloths dyed with skin of rhaphiolepis umbellata seeds.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。