メニュー 閉じる

明治時代の毛羽取り機

Machine for removing silk floss

いつかは自分で育てた蚕の繭を使って染織をしたいと思っています。なので今は養蚕の勉強をしたり、糸作りや絹織物の勉強をしたりと、徐々にその準備を進めています。が、もう産業としてはすっかり廃れたしまっているので、そられらを教えていただける人や場所を訪ねるだけでも、なかり苦労しています。

※ I am not very good at English, so I apologize in advance.

I would like to make fabric works with yarn from cocoons of silkworm that I raised by myself. So now I am studying sericulture, acquiring yarn making and silk fabric techniques, and preparing for it. However, since the sericultural industry has been completely scrapped in Japan, people and places that teach them are few. 

また、せっかく教えていただける機会に巡り合えても道具がありません。かつて、この国の最大の輸出品が生糸(絹)だったにもかかわらず――。なので、インターネットなどで養蚕にかかわる道具を見つけると購入することにしています。といっても、必要とする人も少ないので、安価にで手に入れることができます。

Even if I have the chance to learn from someone it, there is no tools for that. Despite the fact that Japan’s largest export item was silk, it is now a poor situation. I buy tools related to sericulture when I find them the in Internet auction and so on. There are no people who need them already, so I can obtain very cheaply them.

道具の話 道具の話

この木製の機械もインターネットで購入した養蚕の道具で、繭の毛羽を取るためのものです。その使い方はリンクさせていただいた下の動画(動画はひとつ屋のものではありません)のとおりです。

This wooden machine is a tool for sericulture purchased at Internet auction by me, and is for taking off fluff of cocoons. Its usage is as shown in the video linked from YouTube.

この毛羽取り機もまた、かなり古いもので、この動画のタイトルと同様に“明治時代”のものです。この機の裏には「明治三十七年六月吉日求」とあり、今から114年も前の人に使われていたのかと思うと、少し不思議な気持ちになります。

This is pretty old. Behind that is written “purchased in June 1904”. This machine was used by people aged 114 years ago. I feel a little strange. Because this machine was in the subsequent big historical events in Japan. Great war, big disaster, and the Olympic and the World Expos etc.  All that I do not know.

この機械が使われた当時、日本の絹はその質の高さから世界中に輸出されていました。最盛期には日本の輸出品の8割以上を生糸が占めたそうです。その復活を!とまでいいませんが、自分で育てた蚕の繭を使って染織をすることにまた一歩近づけたように思います。

At the time this machine was used, Japanese silk was exported all over the world as a high quality fiber. It seems that raw silk occupied more than 80% of Japanese exports at the peak. I’d like to revive Japanese silk.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。