メニュー 閉じる

午年にウマで産業革命です。

年末以来、厨房を囲う壁を作っています。前回のブログでも紹介したとおり、5色のベンガラで塗り分けた野地板を張って、ちょっとモダンな雰囲気な壁にしようと思っています。使用する野地板は60枚。これら全ての表面と両側面にサンドペーパー(紙ヤスリ)をあててからベンガラを塗るという、単純な作業なのですが時間と手間のかかります。

そこで、こんなものを作りました。

これは俗に「ウマ」と呼ばれる作業台で、こんなようにして使います。

この上でサンドペーパーをあてたり、ベンガラを塗ったり――。今まで冷たいコンクリートの床に這いつくばってやっていた作業が立ったままできるようになり、まさに“産業革命”です。これで、少しは腰痛がマシになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。