メニュー 閉じる

草木染工房 ひとつ屋 + Workshop


ひとつ屋では都会 ⇄ 山里のデュアルライフ(二拠点生活)をしながら、草木染を中心にした染織品をはじめ、里山からの恵みでさまざまなアイテムを作っています。
草木や土で染めた布や糸で作った手織りストールやTシャツなどの染織品のほか、レザークラフトのバッグやステーショナリー、さらにはアイアン・ワークスのインテリア・アイテムなど、一つひとつ丁寧に作っています。
そして、この“一つひとつ”へのこだわりが「ひとつ屋」の名の由来です。



~各種教室~
Workshop

◆ 草木染め教室
手紡ぎ・染め織り

自然からの色やデザインを大切にした草木染めともに、さまざまな染めや織りの技法を学ぶためのワークショップです。

◆ 彫金教室
ジュエリー制作

体験クラスから本格的な技術が習得できるチケット制の継続クラスまで、素敵なジュエリーづくりを楽しんでください。

◆ 革工芸教室
レザークラフト

ひとつ屋の「レザークラフト教室」は一般的な教室とは異なり、縫製や染色技法を取り入れた作品づくりをしています。


ひとつ屋ブログ

草木染めによる染め物や織り物はもちろんのこと、レザークラフトや木工品、アイアンワークス、染料農園や養蚕所のことなど、ひとつ屋に関するさまざまな情報を発信しています。


蛸唐草

ひとつ屋の物づくりコンセプトの一つに“アジアの伝統的なデザインを大切にしたい!”というものがあります。そんな思いのもと作ったのが「蛸唐草(たこからくさ)」の型紙(染色用)です。永遠に続くパターンが縁起がよいとされ、日本でも古くから焼き物や染色などの工芸品に用いられてきました。今回は蛸唐草についてです。


ビー玉ボタンが完成しました。

ひとつ屋オリジナルの“ビー玉ボタン”の紹介です。これは本物のビー玉を焼成窯に入れて溶かして作ったボタンで、試行錯誤の結果、ようやく完成することができました。本物のビー玉を使っているので、洗濯のことを考えると、衣服に使うのは難しいかもしれませんが、カバンや帽子のワンポイントにはよさそうです!


和ボタン

日本の家紋をモチーフにしたボタン。ひとつ屋オリジナルのアイテムとして試作を続けていました。レーザー加工機を使った簡単なアイテムのはずだったのですが、デザインや仕様などの細かなところにまで気を配れば、なかなか納得いくものになりませんでした。ほんと!何度も何度も試行錯誤を繰り返し、最近になってようやく形が定まりました。