メニュー 閉じる

Crafts ひとつ屋 + Workshop


ひとつ屋では草木染の植物染料をはじめ、四季折々の自然から生まれた色やデザインを大切にしたアイテムを手作りし販売しています。
天然染料で染めた布や糸で作った手織りのストールやTシャツなどの染織品のほか、レザークラフトのバッグやステーショナリー、さらにはアイアン・ワークスのインテリア・アイテムなど、一つひとつ丁寧に作っています。
そして、この“一つひとつ”へのこだわりが「ひとつ屋」の名の由来です。



~各種教室~
Workshop

◆ 草木染め教室
手紡ぎ・染め織り

自然からの色やデザインを大切にした草木染めともに、さまざまな染めや織りの技法を学ぶためのワークショップです。

◆ 彫金教室
ジュエリー制作

体験クラスから本格的な技術が習得できるチケット制の継続クラスまで、素敵なジュエリーづくりを楽しんでください。

◆ 革工芸教室
レザークラフト

ひとつ屋の「レザークラフト教室」は一般的な教室とは異なり、縫製や染色技法を取り入れた作品づくりをしています。


ひとつ屋ブログ

草木染めによる染め物や織り物はもちろんのこと、レザークラフトや木工品、アイアンワークス、染料農園や養蚕所のことなど、ひとつ屋に関するさまざまな情報を発信しています。


【草木染】コウシソウ(紫根/ムラサキ)

「コウシソウ(紅紫草)」とはよくいったもので、掲載の色サンプルのとおり、絹(シルク)を鮮やかな紅色や紫色に染めることができます。綿(コットン)は未処理、カチオン化ともにほとんど染まりませんでした。ところが、豆乳で下処理した綿(コットン)は非常によく染まっています。また非加熱の染料でありながら、羊毛(ウール)もよく染まっています。


綿の花が咲きました。

大阪も連日の大雨です。さすがに辟易します。一番藍の収穫時期なのに、染料園(畑)へも行けていませんでした。ようやくわずかな晴れ間がのぞいた昨日、染料園へ行ってみると、洋綿がちらほらと花を咲かせ、早いものは実をつけていました。でも、これからも雨が続くとの予報。皆様くれぐれもご自愛くださいませ。


ろうけつ染めTシャツ

最初に頭に浮かんだイメージどおりのTシャツができました。松煙染めの上から藍を染めていないの紺色も美しい! しかも、グレーの島柄にも亀裂模様が入り、ナイス!です。手間がかかった分、いいものができました。


蚕紗(さんしゃ)染めのマフラー

蚕の糞で染めた手紡ぎ糸でマフラーを織り始めました。蒸し暑い梅雨のさなか、ちょっと季節はずれのような気もしますが、雨の日だからこそ作業が進みます。そして、ようやく織り上げることができました。蚕の糞で染めたとは思えないほど美しい織り物が生まれました。


カラムシ(苧麻)織り ①

このブログに何度も登場しているカラムシ(苧麻)織りの話。しかし、正直のところ、いまだ納得できるものはできていません。それはゴツゴツとした“ひも”に近い状態で、もう少し“布っぽい風合い”が必要なものには使えそうにありませんでした。もう少し布と呼べるものにしたくて再び素人なりに糸づくりにチャレンジします!