メニュー 閉じる

木のルーバー天井を作る (完結編)

前回のブログでは 、何もなかった天井に

いよいよルーバーを取り付けていきます。

間隔が均一になるように注意しながら、一本、また一本と取り付けていきます。

胴縁材を転用したルーバーなので重くはないのですが、脚立を上ったり、下りたり・・・と、ずっと上を見上げているので首がコリます。

それでもボチボチやって、ついに完成しました。

途中、こんな装飾を加えました。

とってもいい感じに仕上がりました。

ちなみに、こんな天井だったのですから大満足の仕上がりです。

と、もう一つ、ちなみに実は、この天井の下の木製デッキと同じ型になています。

さぁ、次は壁を仕上げる作業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。