• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

葛(くず)で染める。

空地や道の路肩に絡み合って生い茂る葛(くず)――。雑草としては、これほどやっかいな植物はありません。地上部の蔓を刈り取っても、地下に栄養を蓄えた太い根が残っているので、完全に駆除するのが不可能に近いといわれているそうです。


ところが、昔は身近に育つ葛を定期的に刈りとり、さまざなものに利用したそうです。蔓(つる)は、煮てから発酵させ、表皮の繊維をとって「葛布(くずふ)」と呼ばれる布を織り、残った芯では籠(かご)を編みました。また、根からは「葛粉」をとったり、「葛根湯(かっこんとう)」と呼ばれる薬を作ったようです。そして、葉は染料にもなりました。で、早速!! 葛で染めてみました。

お~ッ!! きれな緑に染まります! 今では、すっかり“やっかいな雑草”になってしまいましたが。根、葉、茎ーー、どこも捨てることなく、人の暮らしとともにあった植物だったんですね。そんな葛で染めた布で何を作るか、どうぞ楽しみにしていてください。