• ものづくり工房 ひとつ屋|大阪阿倍野|草木染め・DIY

アカソ(赤麻)

しとしとを秋の長雨が続く先日のお彼岸、久しぶりに息子を連れて母の実家へ行き、お墓参りをしてきました。母の実家は岐阜県のとある山里――。周辺は染料植物の宝庫です!!

今回の目的は、もちろん!! お墓参り!! のはずですが、やはり染料植物が気になります。で、今回どうしても採取して、僕の染料農園に植えたかったのが「あかそ(赤麻)」です。

 

文字どおり、赤麻(あかそ)は “赤い麻” で、木綿が日本に移入される前には、この植物の茎から繊維をとって織物にされたようです。古くは、この植物の栽培が推奨さえたこともあったそうです。また、葉を煮出すと赤い染料をとれ、布を美しい紅色に染めることができます。

でも、どこででも見られる植物らしいのですが、大阪市内では見ることがないので、今回わざわざ岐阜で採取したものを ひとつ屋の染料農園に移植しました。

涼しいところで採取した植物なので、酷暑の夏となる大阪で育つかは疑問ですが、頑張って育ててみます。来年には、これを使った赤麻染めのワークショップをも計画しています。ぜひ!! お楽しみに!!