• Workshop ひとつ屋 ものづくり工房 | 大阪阿倍野|草木染め・DIYのワークショップ

    DIY リノベーション「洋室①」壁と天井の塗り替え(塗り直し)

    和室のリノベーションの次に取り掛かる場所(部屋)は2階の洋室です。すでに先日来「壁と天井の塗り替え(塗り直し)」をやっているのですが、正直のところ紆余曲折しています。というのも、なかなか思いどおりになりませんーー。

    間取図でいうと、この部屋(洋室)です。

    引っ越してきたときは、こんな状態でした。

    壁紙(クロス)に数多くのシミがーー。

    なので、上からペンキを塗ったのですが、

    経年劣化した下地が、ペンキの水分を吸って剥がれてきました。

    この隙間にボンドを注入して補修を試みましたが、どうしても気に入らないので、壁紙全体を剥がすことにしました。が、なんと!! 下地のコンパネ(合板)の表層部までが剥離してきてしまいました。

    こんな状態にーー。

    仕方ないので、スクレーパー(ヘラ)を使って
    部屋全体の下地合板の表層部を剥がしました。
    すると、ひと皮むけて、こんな状態にーー。

    ふつうなら、この上に薄いベニアか石膏ボードをはってからさらに壁紙をはるか、プリント合板でも張るのですが、予算的にも時間的にも余裕がないし、何より面白くないので、このままシーラー(下地処理)だけしてペンキを塗ることにしました。

    穴が開いていた部分には
    剥離したコンパネの表層部を貼りました。
    とても邪道なリフォーム方法なのですがーー。

    こんなリノベーション(リフォーム)見たことないッ!! なんて自分でも思いながら、壁と天井を白で塗り終えました。でも、この作業には助っ人がいたので思いのほか早く済ませることができました。

    写真で見るかぎりは、きれいに塗れているようですが、下地が合板が剥離したものだけに、やっぱり良くはありません。でも、もう少し手を加えて、いっそ!!  “シャビーな壁”にしてやろう!! と思っています。楽しみにしていてください。


    上記のDIY リノベーション(リフォーム)に関するご質問などがございましたら [ workshop ひとつ屋 + Cafe ] のスタッフに、お気軽におたずねください。