メニュー 閉じる

【草木染】インドアカネでコットンのストールを染める方法

草木染ではシルクやウールはよく染まるのですが、それらは「日常的には使わない」という声をよく耳にします。そこで今回は、ストールやTシャツなどの身近なコットン製品を、スーパーなどでも手に入るミョウバンを使った「中媒染(発色と色止め)」という技法での染め方を紹介します。とても基本的な草木染の技法で、西洋アカネはもちろんのこと、さまざまな植物で染めることができます。また、食品として扱われるミョウバンを使うので、キッチンなどでも作業が行える安全な方法です。ぜひ、参考にしてください。

Silk and wool are dyed well with plants dye. However, I often hear the opinion that these fibers are not used on a daily basis. Therefore, this video introduces a method of dyeing familiar cotton products such as stoles and T-shirts using alum, which is also sold at supermarkets. This is a very basic vegetable dyeing technique, but it can be dyed with various plants as well as madder. Also, since it uses alum, which is treated as food, it is a safe way to work in the kitchen. Please refer to it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。