メニュー 閉じる

柿渋の型染

この秋には、ひとつ屋での展覧会『GIFT(仮称)』(11月3日(木)~11月6日(日)と、『素材博覧会KOBE 2022 秋』(11月24日(木)〜26日(土) の二つの大きなイベントに出品します。今日も、そのための作品の制作です。先日、糊置きをした布に呉汁を塗って乾かし、柿渋で染めていきます。その後は、様子を見ながら柿渋を染め重ねていきます。
草木染工房として素敵なものを出品しますので、どちらのイベントも楽しみにしていてください!

柿渋の型染

This autumn, we will hold an exhibition “GIFT (provisional name)” (November 3 (Thursday) to November 6 (Sunday) and “Material Expo KOBE 2022 Autumn” (November 24 (Thursday) to 26 (Sunday) It will be exhibited on Sunday (Saturday).Today, we are also making works for that purpose. We applied gojiru to the cloth that was pasted with starch, dried it, and then dyed it with persimmon tannin. The persimmon tannin is dyed repeatedly while checking the color, which is a traditional Japanese technique.
As Kusaki Dyeing Studio, we will exhibit wonderful items, so please look forward to both events!

今年秋天,我們將舉辦展覽“GIFT(暫定名稱)”(11 月 3 日(星期四)至 11 月 6 日(星期日)和“Material Expo KOBE 2022 Autumn”(11 月 24 日(星期四)至 26 日(星期日)) 週日(週六)。今天,我們也在為此製作作品。我們將gojiru塗在塗有澱粉的布上,將其乾燥,然後用柿子單寧染色。柿子單寧在檢查顏色的同時反複染色 ,這是一種傳統的日本技術。
作為草木染工房,我們將展示精彩的項目,所以請期待兩個活動!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。