メニュー 閉じる

絞り染めTシャツの作り方(縫い絞り編)

随分と以前に絞り染めで ↓ こんなTシャツを作りました。

とても気に入った作品でしたが、ひとつ一つの作業に随分と時間のかかるものなので、なかなか手が出せませんでした。ところが、我ながら“なんの心境の変化か!?” 無性に作りたくなって、その作業を始めました。今回は、その作り方を紹介します。


絞り染めTシャツの作り方 ①


① まずはTシャツ用の生地(ニット地)に下絵を描き、ひたすら縫います。

絞り染めTシャツの作り方(縫い絞り編)

↓ 縫い目はこんな感じです。

絞り染めTシャツの作り方(縫い絞り編)

② そして、これをひたすら絞ります。このとき、縫って絞った糸で縫い目を巻く「寝巻き」をしておくと柄がはっきりと出ます。これを「縫い絞り」や「寝巻き絞り」などといいます。

絞り染めTシャツの作り方(縫い絞り編)

絞り染めTシャツの作り方(縫い絞り編)

③ 上の写真でようやく半分。ここまで3日くらいかかっています。さらに頑張って絞っています。もう指が痛いです。そして4日目、ついに絞り終えました。

絞り染めTシャツの作り方(縫い絞り編)

↓ きれいに絞れていると、絞り終えた状態もきれいです。裏から見ても。よい感じです。

絞り染めTシャツの作り方(縫い絞り編)

と、今回は地味な作業ばかりです。次回は、これを藍染め(乾燥藍葉染め)します。楽しみにしていてください!

→ 絞り染めTシャツの作り方 ② へと続く。

 

1件のコメント

  1. 匿名

    コメント失礼します。

    とても、素敵で良い柄ですね!!
    とある産地で先染め(藍染)の織りを25年程やってる者です。

    生地染等も20数年やってますが…メインは先染め織りです。

    衣類に関しては、絞りや板締めで様々な柄をやってきました。
    (青海波、綸子、市松など)

    たまに柄を参考にと…Googleで検索します。

    そしたら、このページを目にしました。

    ご丁寧に絞りの全てを上げてありましたので、そっくりそのまま真似させてもらいますね!

    って言われたら嫌ではないですか?

    ラーメン屋さんの大将が1からスープ作りを載せてる感じに見えましたので、余計なお世話で申し訳ないです!

    技術面では、問題ありませんが…僕なら3日もあれば、もっと綺麗に作れる自信あります!

    せっかく、貴方様は柄のセンスがあるのに勿体ない!と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。