メニュー 閉じる

『 雲 』 の染型

新年度が始まりました。春爛漫だし、僕も心機一転!! 気分を入れ替えて、いよいよ作品づくりをしていこう!! と、はりきっています。

で、考えたのが 『 雲 』のデザインです。

なぜか「雲」なのかといいますと、昔から絵巻物や屏風に登場する日本的な表現での「雲」のデザインが好きなんです。有名なところでは「源氏雲(げんじぐも)」がありますが、もっともっとモコモコした感じの雲が好きなんです。

例えば『北野天神縁起絵巻』に描かれた
鬼を乗せている、この真っ黒な雲――。

これは鬼(怨霊)となった菅原道真が御所の清涼殿(せいりょうでん)の上に現れて雷を落とした「清涼殿落雷事件」いう場面を描いたものなのですが、なぜか子供ころの僕にはとても印象的に映り、心のどこかでこの雲をイメージしながらも、着物や陶器に描かれた雲を参考にして描いてみました。

これは染色用の型紙となるようデザインしています。
これから渋紙に写して彫っていきます。
どんな作品になるか、お楽しみにッ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。