メニュー 閉じる

岐阜大仏

Great Buddha of Gifu

先日、母の実家に用事があって岐阜県下呂市へ行ってきました。その帰りに岐阜市にある正法寺(しょうほうじ)に立ち寄りました。ここには日本三大大仏に数えられる大きな仏様(釈迦如来像)が安置されています。

※ I am not very good at English, so I apologize in advance.

I went to Gero city in Gifu prefecture the other day and met my cousin. I stopped by the Shoho-ji temple in Gifu City on the way back from there. There is a Great Buddha that can be counted as the three Greatest Buddhas in Japan in this temple.

この大仏が作られたのは天保3年(1832年)のこと。別名「籠大仏(かごだいぶつ)」と呼ばれるとおり、この仏様は木と竹材で籠のような骨組みを作り、その上に粘土を塗り、和紙を貼ってできています。人々の力によって造られた大仏は、完成までに38年の歳月を要したそうです。

This Great Buddha was made in 1832. This Great Buddha is also known as ” Basket Buddha “. Because the frame of this Buddha was made by combining wood and bamboo stuff, it looked like a basket. Then the frame was painted with clay and It was covered with Japanese paper. It took 38 years to complete this Great Buddha.

そんな岐阜大仏を初めて見たのは今から30年ほど前のこと。若い私には古めかしい仏像にしか見えなかったが、10年ほど前に見たときには、その穏やかな雰囲気に感動できるようになりました。

It was about 30 years ago that I have seen this great Buddha for the first time. I was young. I just thought that it was old Buddha statue. However, when I saw it about 10 years ago, I was impressed by the calm atmosphere.

そして今回、“芸術” とは違った“民芸” の美しさをたたえる素朴な大仏様に、自分の物づくりにおいて大切にしたいものを感じました。

Now, when I met this Buddha, I have thought that also my works should be like this atmosphere. Because I felt a beauty different from “art” in this Buddha. For example it is warmth, kindness and generosity.

大きな体を少し窮屈そうにして迎えてくださる仏様――。私たちを包み込むような柔和な姿に心惹かれます。10年後、20年後、またここに来ようと思います。

Buddha who welcomes us with a big body. I am attracted to a gentle appearance that envelops us. I hope to see you many times in my life.

ものづくり紀行

岐阜大仏

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。