メニュー 閉じる

里山の暮らし――筍

4月の中旬になり、裏山の竹林に筍(たけのこ)が生えはじめました。まさに“旬の味覚”です!
でも、楽しんでばかりもいられません。この時季にしっかりと筍を管理しないと、また竹林が荒れてしまいます。

▼ 昨年から少しずつ整備してきた放棄竹林。うっそうした森に陽の光が入るようになりました。
里山の暮らし――筍

▼ 今年、初の筍です。ただ、都会育ちの僕は、見つけるのが下手です。
里山の暮らし――筍

▼ 収穫した筍。やはり大きくなりすぎています(笑)。里山の暮らし――筍

掘り上げた筍は、手作りカマド(本当は枯れ竹を焼く焼却炉)に鍋をかけ、アク抜きをします。もちろん!燃料は枯れ竹です!

里山の暮らし――筍

今日も一日、里山に入っての作業――。晩御飯には、早速!“筍を焚いたん”が出てきました。疲れた体には、少し濃い目に味付けた筍がうまいッ! ほんと!とても贅沢な暮らしです。

里山の暮らし――筍

In mid-April, bamboo shoots began to grow in the bamboo grove behind my house. It’s the best season for bamboo shoots! But we can’t just enjoy it. If we do not manage the bamboo shoots properly during this season, the bamboo forest will become bad again. The harvest bamboo shoots are cooked in a pot on a handmade furnace. of course! The fuel is dead bamboo! I worked in the forest all day today. Dinner is bamboo shoots harvested this morning. For tired bodies, bamboo shoots seasoned with slightly darker eyes are delicious. !! This is a very luxurious life for us.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。